ybTaxFree ドキュメント – 販売マニュアル

ybTaxFree ドキュメント - 販売マニュアル

※開発中画面のため、正式リリース後のプログラムとは配置等が一部異なる場合があります。ご了承くださいませ。

免税販売時の必須事項

1.免税販売時の確認事項について

下記項目について免税販売時に確認をする必要があります。

  • 非居住者であるか?
  • 入国日から6か月を過ぎていないか?
  • 販売品は免税対象であるか?
    <対象品目であっても、金額条件(一般物品は5,000円以上、消耗品は5,000円以上50万円まで。また、一般物品と消耗品の販売額を合算して5,000円以上になる場合も免税販売可能 ※50万円まで)にそれぞれ達しているかを確認。>
  • 用利用ではないか?

ybTaxFreeでは、「パスポート情報」「査証情報」「商品情報」の入力値から制度に合致するか自動的に判別されます。

2.販売の説明義務

  • 必ず帰国時に海外に持ち出すこと(消耗品は包装を開けず、30日以内に持ち出すこと)
  • 携帯していない等の場合には帰国時に消費税が課税されること

ybTaxFreeシステム利用時は、画面上でお客様に制度説明文を表示し「OK」ボタンを押していただくことで確認を行えます。

ybTaxFreeを使用した免税電子情報送信による販売手続き

ybTaxFreeでは、画面上部のタブ(ページ)を左から順に切り替えながら入力することで、免税手続きに必要な項目の入力が行え、免税の条件に合致しているかの確認も行えます。データは電子データで国税庁サーバーへ送信されます。